●「犬夜叉」フォーラムB
Inu-Yasha Forum B: Discussion Corner

ホームへ戻る home  [●総合][●フォーラムA B][●チャットA B 待合][●なりきりA B C 待合][●フリー][●お絵かきA B 本格][●English][●運営]

   「犬夜叉」についての感想・意見をどうぞ!フォーラムBは本格的な意見交換用です。 [旧フォーラム]


[トピック表示] [スレッド表示] [新スレッドの作成] [使い方]. [過去ログ]

キーワード検索:



桔梗とかごめは翠子の生まれ変わりか? 
[コメントの全表示] No.434
私木 林檎 2006/06/25(Sun) 19:49:06

こんにちは、皆さん。林檎と申します。
ここではタイトル通り、「桔梗とかごめは翠子の生まれ変わりなのか?」という事について、議論していきたいと思います。さらに否定の場合、「ならば桔梗とかごめの共通の前世は、翠子とどのような関係にあったのか?」という事も議論したいと思います。同フォーラムBの「翠子の死魂について」から分離させました。そこで読まれた方へ、ご意見はこちらにお願いします。

ちなみに私は「桔梗とかごめは翠子の生まれ変わりではない」という立場です。以下「翠子の死魂について」からの抜き出しになります。

桔梗→かごめの転生は確定している。ならば翠子→桔梗の転生はどうなのか?

→私は違うと思う。まず同じ巫女といえど、桔梗とかごめは一般的な弓矢だが、翠子は剣。やっていることは「妖怪退治」と共通だが、装束も明らかに違う。霊力の大小は別として、おそらく翠子は特別な巫女だったのではないだろうか。翠子は退治屋の里で一生を終えているが(出生地は不明)、桔梗は楓の村で生まれて死に、かごめは五百年経った楓の村で生まれた。つまり、翠子→桔梗の転生なら、桔梗は退治屋の里生まれのはずである。もしかしたら翠子は楓の村で生まれ、退治屋の里で果てたのかもしれないが。
また、翠子の能力について語られた部分を抜き出してみると、「妖怪の魂を取り出して清めること」「十匹の妖怪を一度に滅すること」「四魂を浄化し(=直霊に近づけ)、妖怪を無力化すること」。伝承によれば、翠子は四魂の玉を作る際に相手の魂を奪い取って(=取り出して)、自分の魂に取り込み、体の外にはじき出しているが、桔梗やかごめが妖怪の魂を取り出してから清める、といった描写はない(はず・・・あったらこっそり教えて下さい)。大体直接破魔の矢で浄化している。10巻102ページの1コマ目で、電撃のようなものを妖怪の体から取り出した魂、中央の塊をその寄せ集め(一度に十匹分まで可能)、翠子がそれを剣で斬る=浄化、と考えるなら、明らかに妖怪退治の過程が違う。
またかごめがお腹に四魂の玉を持っていたのは、桔梗がそれを抱えて亡くなったからである。しかし桔梗が四魂の玉を持った理由は、退治屋によって浄化のために委ねられたから。最初からつながりがあったわけではない(最終的には、それが元で亡くなってはいるが)。
よって、桔梗→かごめと転生はしているが、翠子→桔梗→かごめと転生はしていない。

ご意見お待ちしております。


1.MAI 2006/06/26(Mon) 00:09:10 No.435
2006/06/26(Mon) 00:17:30 編集(投稿者)

私は翠子→桔梗様という転生は十分可能性があると思います。
確かに使用武器などは違いますが、それ程の問題ではないでしょう。
仮に魂が同じとしても、人間であるならば親が違えば遺伝子(肉体的生態的個性)も違うし、親の教育方針、職業、生活水準、身分など違いますし、生まれた時代も違うので社会情勢も著しく違います。
ゆえに同じ人間にはなりません。
人間というものは持って生まれたものも極めて重要ですが、成長過程というのもそれ以上に重要になるのです。

これと好対照なのが兄弟姉妹の場合。姉妹だと遺伝子はそっくり、魂は違いますが同じ親に育てられ同じ社会で成長します。しかしそっくり同じ人間にはなりません。性格・能力など差異がでることが多いようです。

ただし私がここで言いたいことは、転生体だからと言ってそっくり同じとは限らないということであって(他の作品では人間が動物に生まれ変わったり、勇者の生まれ変わりが弱虫な少年だったりします)
翠子の魂が四魂の玉を形成していた場合などは転生してないことになります。


2.2006/06/29(Thu) 15:08:16 No.437
私も「桔梗とかごめは翠子の生まれ変わりではない」という立場になります

思うに「翠子」はもう転生はできないのではないでしょうか
>犬夜叉を人間にするために使えば玉は消滅する
>奈落と共に玉を消滅させる
などの台詞が原作の中で見られる事から、
「四魂の玉」となった「魂」はもう「魂」ではない「別物」になったと私は考えます
故に「魂」がないならば「翠子」が転生する事がまず不可能です
と言う風に初設定ならばこう仮説付けられます
が、38巻(同じ魂)に至り一つ疑問が残るという事は下に明記します。

まず初設定では「翠子の魂」は「四魂の玉」になったと言えたはずです
ですが昨今になり「桔梗」が「翠子の死魂」を取り出し使いました
ここでまず、私はこれは設定の矛盾なのではないかと考えました
なぜ「翠子の魂」は「四魂の玉」となり、もう無いはずなのに、
「魂(死魂)」を「桔梗」は取り出せたのかが理解できなかったからです
これは設定の矛盾、もしくは「魂と死魂は別物」である、と言う事になりますね

矛盾となったのか私の勘違いなのかどうであれ、
「魂と死魂は別物」と考えるしかないためこの仮説で話を進める事にします
まず、話を整理すると…
桔梗→かごめはもう完全に確定であるため、
桔梗→かごめ(肉体)=「かごめ」という固体だと言えます
「かごめ」の魂の一部+桔梗の墓土(肉体代わり)=「桔梗(死人)」、
そして後に桔梗は死人として「別の魂(翠子の死魂)」を受け継ぎました
さらに整理すると…
桔梗→かごめ=かごめ 
かごめの一部の魂+桔梗の墓土+「翠子の死魂」=「桔梗(死人)新形態」
という式が出来上がると思います。
もはや「かごめ」と「桔梗」は全く別の生命体と言えるでしょう
よってここで「かごめ」と「翠子」の繋がりは無いと見なします
ただし、「死魂」も「魂」であるため、「死魂」を受け継いだ場合も生まれ変わりと言えるならば、
「桔梗(死人)」は翠子の生まれ変わりであると言えるかもしれません
そして奇妙な話ですが「自分から転生したかごめ魂のもう一度戻している」のが、
ある意味で転生と言えなくもありませんし、そう言えるならば、
「桔梗(死人)新形態」は「翠子」と「かごめ」、2人の生まれ変わりと言えるでしょう

…なんかすっごいややこしいですね(汗)


3.みとさん 2008/02/06(Wed) 13:58:27 No.1239
能力がちがいがある。


4.LOVE 2008/02/25(Mon) 21:30:56 No.1290
私は生まれ変わりではないと思います。
だって翠子様の魂の大半は四魂の玉という形で存在してますし、残っていた魂は桔梗が生きるためにその魂を使ってしまったからです。
桔梗とかごめの場合はかごめの元々あった魂をまぁ分けてというと少し変ですが分けたので二人は存在できているわけで結局戦国の世にその同じ魂は1つということですよね。ですが翠子様と桔梗&かごめの場合は2つ存在してしまうと思うんです。実際かごめの体の中から四魂の玉が出てきてもかごめが神無に魂を吸われたときみたいに苦しんだりしませんでしたよね。それはきっと自分の魂ではないからなんじゃないんでしょうか??
だから生まれ変わりではないんじゃないと思います。


5.紅矢 2008/03/16(Sun) 00:00:18 No.1315
他のスレッドにも書かせてもらいましたが、私も桔梗とかごめは翠子の生まれ変わりではないと考えます。
アニメと原作では、内容がかけ離れている場合があるのですが、アニメで冥加が犬夜叉と翠子を間違えたときがあるんです。
それは、冥加が不注意でミイラになった翠子と闘った妖怪を甦らせてしまい、犬夜叉に助けられたときなのですが
翠子=犬夜叉説ならつじつまが合うような気がしました。
翠子並の霊能力の高い巫女となると、魂がかごめみたいに複数あると考えられます。
翠子は妖怪に殺られそうになったときに、最後の力を振り絞って妖怪を自分の魂と共に封印しました。
多分翠子は本当なら完全にこの世から消してしまいたかったのですが、それができませんでした。
多分、翠子の能力では不可能だからだと思います。
それで、転生し、四魂の玉を浄化する能力のある者を探していたのだと思います。
その、翠子探していた者とは桔梗でした。
桔梗は犬夜叉にこう言っています。
「お前(犬夜叉)を人間にしたら、四魂の玉は浄化し消滅する」と。
つまり、四魂の玉を消滅させるには、消滅できる能力を持つ者「桔梗」と妖怪ではないが妖力を持つ半妖「犬夜叉」が必要などだと思いました。
なので、翠子は半妖として生まれ、本能的に「桔梗」を探し求めていたのだと思います。
これを邪魔した奈落は、四魂の玉を浄化して欲しくない玉の中の妖怪達が間接的にしむけたのだと思います。

LOVEさんの仰る意見について言いますと、「四魂の玉」は魂ではありますが普通の「魂」として考えない方が良いのではないかと思います。
自分の魂と、四魂の玉の魂は、元々同じかもしれませんがかごめ本人は四魂の玉の魂じゃない魂を持って生まれたとも考えられると思います。」
(すみません、自分で言っていてややこしいです。。。

以上が、私の翠子の生まれ変わりに対する意見です。


6.いぬかご 2008/03/24(Mon) 18:53:36 No.1356
翠子の生まれ変わりではありません

7.紅矢 2008/03/24(Mon) 21:39:09 No.1359
>いぬかごさん

率直な意見も大事ですが、なぜ自分がそう思うのかも書いてくださいm(_ _)m


8.しん 2009/02/07(Sat) 17:01:49 No.1798
なんか終盤の展開見ても
翠子の魂は四魂の中で戦い続けていたみたいだし
やっぱ、転生出来てないのかな?と思いました。


9.紅矢 2009/04/12(Sun) 21:08:17 No.1856
>しんさん
私も翠子の魂がでてきたときはビックリでした(汗
でも、あんなに重要人物でありながら、登場シーンが呆気なさ過ぎたような。。
犬夜叉と視線が合うとかしてくれたら、なんかあると思えたんですが、顔すら描かれない。。
でも、かごめの魂が複数あるように、霊力が強い翠子にも複数魂があって、
そのうちの四魂の玉から逃げ出せたモノが、玉を消滅させるために転生したとも考えられると思いました。


10.しん 2009/04/25(Sat) 15:55:15 No.1868
なんだか翠子が哀れな感じがしました
あれではまるで無間地獄
魂の何割かが別の場所に行ってれば良いのですが



 
このスレッドにコメントをつける
な ま え : E-Mail :  
コメント :   

削除キー :


     

記事No(半角数字) /
削除キー /


- I-BOARD -